イギリスツアー10日目〜山登り

何日目かわからなくなって、前回記事を確認してしまいました。
さて、グラストンベリーを巡るコースも最終日です。

7月23日
この日は朝から2つの丘に登りました。
dark hillとlight hillと呼ばれる(通称なのかなー?)双子の丘です。
丘といってもねぇ・・・けっこう細くて急な坂を登っていくのですよ。

ここはまだいい

ここはまだいい

↑ボケ写真ですが、みょーに気に入っているので。

dark hillの頂上

dark hillの頂上

割と狭くて、こんな木がわさっと生えててあまり見晴らしはよくなかったかも。

一旦降りて、途中でポマンダーを使ってると、羊が近くまでやってきた。

ひつじさん

ひつじさん

慣れてるのね〜。誰かが、”join us?”って聞いてた(笑)

続けて、light hillへ向かってると、これまた人馴れした馬が。

長髪の馬さん

長髪の馬さん

すごい近寄ってきて、写真が撮れないのですよ。他に2頭いました。

light hillへ向かう

light hillへ向かう

ぜーぜー言いながら登ります。正直キツイです。。。

light hill

light hillの頂上

light hillは中央の石以外、何もありません。

実は、グラストンベリーツアーで、1日のうちに両方の丘に登ったのはこのグループが初めてだったそうで。しかも午前中のうちに登っちゃったからね。「特別なグループだ」とかなんとか言ってた。
いや、私、体力が持ちませんわ・・。

とかいいつつ、ランチの後はまた山登りならぬ丘登り。
今度は、アーサー王と12人の円卓の騎士がいた、伝説のCamelot城があったと言われる場所へ。

また登る

また登る

またまたぜーぜー言いながら後方からついていきました。

Camelot到着

Camelot到着

真ん中にこんな碑が立ってるだけ。

この場所は、Aveburyと同じような溝があり、その周りをぐるっと1周出来るようになっています。

walking

walking

てことで一息ついたら歩きました。疲れてるのになんでここまでするんだろうと自分でもよくわからず。

これで、グラストンベリーのコースは終了。
最後の日が一番過酷だったわ。。。

最後の夜、ということで、ホテルでの夕食の後、通訳のさちえさんの提案で、日本人から歌のプレゼント。
七夕ときらきら星を即席の振りつきで歌いました。でも練習したのよ。Youtubeにあがってます。興味があったら探してみてください(笑)

お返しに、とロシアの皆様+各国の参加者も混じって歌と踊りが披露されました。
「アベ・マリア」のすごかったこと!でもちょっと残念なことがあって、集中して聞けなかったんだけどね・・。
楽しい夜でございました。

長いな〜と思ってたけど、とうとう、終わりがきてしまった。。。

Comment

  1. なぎ より:

    1枚目の写真、絵本の中のワンシーンみたいでよいねー [ラブラブ]
    しかし、登りに登っているしんどそうな感じが伝わってくるコース!!
    ある意味『無の境地』に達することができそう・・・ [あせあせ]
    おつかれさまでした~ [クローバー]

    Camelot城の石碑、やっぱり円卓?なのね。 [にゃー]

  2. blanc より:

    ** なぎさん **
    1枚目、緑のトンネルを抜けて・・ [きらきら] みたいな感じでしょー?
    確かに「無の境地」かもなぁ。余計なことを考えずに、ただ登る・・・。登ってる時間なんて十数分って感じなんだけど、普段どれだけ体を動かしてないかがよくわかる [たらーっ]

    Camelotの円卓はちっちゃかったけどね [にゃー]

  3. ひーちゃん より:

    以前、1枚目の写真のような絵をパステルで描きました [ひらめき]
    ちょっとビックリ [にゃー]
    相変わらず写真がステキ [きらきら]

  4. blanc より:

    ** ひーちゃん **
    >以前、1枚目の写真のような絵をパステルで描きました
    って、ええー!!!びっくり [雷]

    歩きながらだったので偶然撮れた一枚だけど、向こうにいる人の服がB47古い魂(ロイヤルブルー/レモン)に見えたりして。

    ありがとう [きらきら]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA